« 黙想会 | トップページ | 脳死について »

2009年6月17日 (水)

キリスト者として生きること

教会にはいろいろな方がいますsign01
社会が凝縮されていますからね…
しかも赤ちゃんから高齢者まで,
また家族や親族も一緒というパターンが多いので
教会内の人間関係は結構複雑だったりしますcoldsweats01
誰もがイエス様を通して父である神の方向を
eye見ているはずなんですがsign04
たまにバラバラな方向を見ているような気持ちになったりすることもweep
同じ信仰を持つ仲間だからこそ,その時のへこみ感は大きいものですdown

山奥の桜cherryblossomは,人が見ていなくてもきれいに咲いている。
桜は人が見ていようが見ていないが,そういうことに関係なく
花の咲く時期が来ると花を咲かせる。
それがたとえ山奥であろうが街中であろうが同じこと。
これが桜の本質flair
だから,私たちも個人の光ではキリストの全体を輝かせることはできないけど
それぞれの与えられた生活の場で光を輝かせれば
それは可能なのですshine

森の奥できらりと光る1枚の葉っぱのように生きたいsign03

|

« 黙想会 | トップページ | 脳死について »

コメント

momoyonさん,私光ってますsign02
だとしたら嬉しいけどhappy02

投稿: めーちゃん | 2009年6月22日 (月) 22時47分

教会内にもいろいろなことがあるのですね。
私は入りたてで、皆さんに親切にしてもらうばかりでした。意見の食い違いなどはあるでしょうね。家族単位ということで、なお難しそうです。神様の方向を見ていたいですね~。
まずは日常で自分が何をすべきか、祈りつつ、進んでいきたいと思っています。

めーちゃんはもう光っていらっしゃると思いますshine

投稿: momoyon | 2009年6月21日 (日) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/45364016

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト者として生きること:

« 黙想会 | トップページ | 脳死について »