« 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第17週) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第18週) »

2010年7月25日 (日)

カトリック札幌地区・平和講演会

24日(土)15時より北1条教会にて、菊地功司教様の平和講演がありましたpaper
タイトルがマザーテレサ生誕100周年「最も小さき者のひとりにとあったので、てっきりマザーテレサのお話かと思って行ったら、司教様は生前のマザーには面識がなく、お墓に一度お参りしただけだそうで…もっぱらガーナルワンダのお話でしたsign03

講演について、司教様がご自分のブログにUPされていますdownwardleft

http://bishopkikuchi.cocolog-nifty.com/diary/


ルワンダの人口の80%がクリスチャンで、そのうちの60%
がカトリックの洗礼を受けていたので、ヨハネパウロ2世が「もっとも宣教が成功した国」と宣教師らをほめるほどだったらしい。それがあの大虐殺では殺した方も殺された方もほとんどがクリスチャンだったという事実。
結局、受洗者の数を増やしても、福音をしっかり宣べ伝えることができていなければ意味がないsign03ということ。これはルワンダだけの話ではないcoldsweats02

とにかくいろいろな思いを胸にもう1度「生かされて」をゆっくり読んでみようと思う。

|

« 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第17週) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第18週) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/48966507

この記事へのトラックバック一覧です: カトリック札幌地区・平和講演会:

« 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第17週) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第18週) »