« ゆるしの秘跡 | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(待降節第3週) »

2010年12月 7日 (火)

待降節4本のろうそく

教会では、待降節の期間中、日曜ごとに1本ずつ増やしてろうそくの光shineを灯していきますsign01
全部で4本のこのろうそくはクリスマスの意味を伝えてくれるものとして、何世紀にも渡って使われてきましたflair

4本にはそれぞれ意味が込められていますsign01
1本目「期待」
メシア(イエス・キリスト)が来てくださることを待ち望むこと
2本目「備え」
メシアにお会いする備え
3本目「光」
悩みを抱えている人が多い世の中で、正しい方向を示してくださるイエス・キリストの光
4本目「約束」
神様はいつも私たちのそばにいてくださると約束してくださいました

この4本のろうそくは、字が読めない人や子供たちにも本数が増えていくことで喜びの日が近づいていくことがわかる、しるしとしても大切にされてきましたsign01

喜びの日・クリスマスxmasにむけてよい準備ができますように…

|

« ゆるしの秘跡 | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(待降節第3週) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/50237117

この記事へのトラックバック一覧です: 待降節4本のろうそく:

« ゆるしの秘跡 | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(待降節第3週) »