« 毎日の説教「今日のみことば」から(四旬節第5週) | トップページ | 潮見教会にて助祭叙階式! »

2012年3月29日 (木)

映画「ルルドの泉で」を観てきました

movieルルドの泉で(ネタばれあり)


ピレネー山脈の麓にある聖地ルルドには、世界中から病や障害を持つ人々が奇跡を求めてやって来る。ある人は聖地観光を楽しもうと、ある人は巡礼者のケアをすることで信仰の証をたてようと、またある人は病気が治った、障害が無くなったといった奇跡の事例が、もしかしたら自分にも起こるのではという、切なる希望を胸に。
多発性硬化症のクリスティーヌも巡礼ツアーに参加した一人。
孤独な人生を送る彼女の唯一の楽しみが、あちこちの聖地巡礼のツアーに参加することだった。滞在中、彼女の世話をするのは、マルタ騎士団でボランティアをするマリアだが、クリスティーヌを放り出して、他のボランティアの若者たちとの交流に夢中になってしまうことも。ボランティアリーダーのセシルは、そんな彼女らを叱咤しながら、ストイックに務めを果たしている。(実は彼女も余命わずかの病)

(物語の前半は、聖地ルルドの巡礼のプロセスをドキュメンタリータッチで追いながら、ツアーに参加している巡礼者の人たち、ボランティアとしてケアするマルタ騎士団のメンバーたち、それぞれの抱える葛藤や問題もそれとなく示唆されながら、展開していく)

ツアーも終わりに近づいた頃、毎年の様にルルドを巡礼している母娘でも、自らも余命わずかにも関わらず気丈に人々の世話をするボランティアでもなく、難病を患ってはいるものの、何処にでもいるごく平凡な女性クリスティーヌに奇跡が起こる。手の指も伸ばせなかった彼女が、突然立って歩き出したのだ。


なぜ神は彼女を選んだのか?
彼女に起きた奇跡が、池に投げ込まれた小石の様に、静かな波紋を広げていく。


人々の祝福の中、おしゃれをしたり、恋をしたりと普通の女性としての喜びを実感するクリスティーヌだが、この奇跡がなぜ自分に起こったのか、また元に戻ってしまうのではないかという恐れを抱くようになる。


神は奇跡を与えた人に何を求めているのか、奇跡を受けた者はそれに対してどう答えるべきなのか。そこに何か意味があるはずだ。また、クリスティーヌに起こったことは本当に奇跡なのか、一過性の回復ではないのか。
どちらについても曖昧なまま物語は幕を閉じるので、自分の内なる心に問いかけるしかない。

映画の中で、「奇跡を求めるのではなく、今の自分の状況を受け入れ、魂の癒しを求めるべきだ」というようなことを神父が発言するが、深い示唆を含んでいると感じた。
晴佐久神父は映画評で
、「ルルドの地が与えているのは病の癒しではなく、病の意味である」と書いていた。http://signis-japan.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=78
私もこの映画を観てそう思った。



(ルルド)
フランス・ピレネー山脈の麓の村に住む14歳の
少女ベルナデッタが、マッサビエルの洞窟のそばで薪拾いをしているとき、聖母マリアが出現。ベルナデッタは当初、自分の前に現れた若い婦人を「あれ」と呼び、聖母とは思っていなかった。しかし出現の噂が広まるにつれ、その姿かたちから聖母であると囁かれ始める。
ベルナデッタが「あれ」がここに聖堂を建てるよう望んでいると伝えると、神父はその女性の名前を聞いてくるよう命じる。
何度も名前を尋ねるベルナデッタに、ついに「あれ」は自分を
「無原罪の御宿り」(マリアは母の胎内にいるときから原罪を免れていたという意味)であるとルルドの方言で告げた。
これによって神父も周囲の人々も聖母出現を信じるようになった。というのも「無原罪の御宿り」を表す言葉は、家が貧しくて学校に通えず、読み書きも満足にできない田舎の少女が知り得るはずもない言葉だったからである。
以後、聖母がこの少女の前に18回にもわたって姿を現したといわれ評判になった。更には、その泉の水で目を洗って見えるようになったという者や、瀕死の子供を水に浸からせたところ奇跡的な回復をしたという者が証人つきで現れる。この話はすぐにヨーロッパ中に広まり、はじめに建てられていた小さな聖堂はやがて巡礼者でにぎわう大聖堂になった。

|

« 毎日の説教「今日のみことば」から(四旬節第5週) | トップページ | 潮見教会にて助祭叙階式! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/54335011

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ルルドの泉で」を観てきました:

« 毎日の説教「今日のみことば」から(四旬節第5週) | トップページ | 潮見教会にて助祭叙階式! »