« 東日本大震災から間もなく1年… | トップページ | 人を育てるって難しい »

2012年3月12日 (月)

3月11日14時46分 教会の鐘とともに…

昨日3月11日、シスターの導きによる祈りの集いがあり、その中で14時46分を迎えました。
祈りの途中で教会の鐘が鳴り響き、この震災で亡くなった方々、未だ不明の方々、家族・友人を失くした方々、震災後に自死された方々、被災され、厳しい生活の中でがんばって生きておられる方々、原発の処理にあたっている方々…のことを思い、心から祈りました。
共同体として祈れることができて良かった。この時間一人だったら理由ははっきりしないけれど、ちょっとつらかったような気がします。
日本中の方々が祈っていることを感じる「とき」でしたが、日本だけでなく世界のあちらこちらで「祈り」があったことをニュースで知り、胸が熱くなりました。
これこそ神の国shineのイメージではありませんかsign03

絆、きずなというけれど、放射線量の低い瓦礫受け入れを拒否する等、自分たちを安全圏に置いた上でのうすっぺらな絆ではなく、日本全体で東北を支えていこうという気概のような本当の意味での絆を大切にしていけたらと思うのですsign03
あまりにも大きな犠牲を払ったweep東日本大震災だからこそrock

|

« 東日本大震災から間もなく1年… | トップページ | 人を育てるって難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/54203273

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日14時46分 教会の鐘とともに…:

« 東日本大震災から間もなく1年… | トップページ | 人を育てるって難しい »