« 東京観劇(1) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第12週) »

2012年6月19日 (火)

東京観劇(2)

2日目

高輪教会
  主日ミサ
   今回はどこの教会へ行こうか迷ったが、時間的な都合も
   あり、ホテル近くの高輪へ行った。ちょっとの距離だけど
   結構な坂道sweat01
   聖歌を歌っている人が少なくてちょっと残念down

東京駅エキナカ「グランスタ」散策
  日曜日の午前ということもあって、旅行者で混雑dash
   ここでしか買えない、まい泉の「ヒレかつとたまごのポケッ
  トサンド」をランチ用にGetpig
 

国立西洋美術館「ベルリン国立美術館展」
  渋谷に移動するにはまだ時間があったので寄ってみたflair
  スカイツリーを見るのをすっかり忘れていたのでcoldsweats01ここで
  写メcamera 
  メインは、フェルメールの「真珠の首飾りの少女」
  ここだけものすごい人だかりdash
  日本人ってどうしてこんなにフェルメールが好きなのsign02
  と言いながら私も結構見ているが、テレビで見たのか、実
   際に見たのかわからなくなる位、同じような作品が多い。
   女性、黄色とラピスラズリの青、真珠。でも、壁など背景の
   細かいところで面白い発見があったりするので嫌いでは
   ないconfident

シアターコクーン
 渋谷・コクーン歌舞伎「天日坊」

  宮藤官九郎脚本、串田和美演出、中村勘九郎、七之助、
  獅童が出演。面白くないわけがないsign03
 スーパー歌舞伎といい、コクーン歌舞伎といい、いわゆる
  古典ではないけれど、わかりやすくていいと思う。
 中2階は座席が斜めで、また隣の人が前傾姿勢だったも
  のだから、首と腰が疲れましたsweat02

( 勘三郎さんが初期の食道ガンで入院されましたが、1日
   も早いご回復と舞台復帰をお祈りしますdiamond


以上、2日間shine全力で遊んできましたpaper



(追記)

ティソの「廃墟(内なる声)」の原題が 
Inner Voices(Christ consoling wanderers)であった。
やはり、「放浪者を慰めるキリスト」を示していたのか。
あの痛々しい姿のイエスに慰めていただくのは忍び
ないけれど、あの傷は私たちの罪が負わせたもの…

|

« 東京観劇(1) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第12週) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/55002025

この記事へのトラックバック一覧です: 東京観劇(2):

« 東京観劇(1) | トップページ | 毎日の説教「今日のみことば」から(年間第12週) »