« 今週の聖書朗読(四旬節第4主日の週) | トップページ | 新教皇フランシスコ »

2013年3月14日 (木)

教皇フランシスコ選出!

今朝起きてテレビtvをつけると、新しいパパ様が決まったというニュースがbell

アルゼンチン出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿だそうです。(報道ではマリアになっていましたが、男性なのでマリオになります)
南米から、そしてイエズス会からは初めての教皇とのことで、フランシスコと名乗られるそうです(手話通訳やりやすいと思ってしまったcoldsweats01)。

事前に候補者として騒がれる人は選出されないというジンクス?は当たりましたね。

それにしても日本でカトリック信者は全人口の4%弱しかいないのに、ニュースやワイドショーでなぜこれだけコンクラーベのことが取り上げられるのか不思議に思っていました。
「天使と悪魔」「ローマ法王の休日」等の映画の影響? 教皇が決まったかどうかを煙突の煙の色で知らせる方法がうける? コンクラーベ=根比べと聞こえるのがおもしろい?
それもあると思いますが、人の力だけではどうにもできない閉塞感の漂う、厳しい今の世の中、神に立ち返るということが、知ってか知らずか求められているからではないでしょうかsign03
信仰年の四旬節中にコンクラーベが行われたことに深い意味があると思いませんかsign02

3月3日付・朝日新聞 社説より(抜粋)
「(コンクラーベについて)一つの宗教の頂点に過ぎないが、行動、メッセージの内容は大きな影響力を持つ。教会には国家のような力はない。だからこそ、力の横暴に苦しむ人たちによって立ち、守る壁になれる。子どもや老人など弱き者の声を代弁できる。女性司祭任用、産児制限や避妊への対応など、新法王を待つ課題は多い。教会の都合だけで選ばれるべきではない。世の苦悩は深い。弱く悩める人に寄り添う同行者のような人を待ちたい。」

信者でなくても、こんなに期待されている方がいらっしゃるのですねshine


新教皇様に関して情報はまだほとんどありませんが、「バスで移動して貧しい人たちを訪問し、普通のアパートに住み、自炊している」とのこと。
普通の感覚を持ちながらも、様々な問題に毅然とした態度で臨み、私たちを導いていって下さるはずです。
新しい教皇様のため、ともに祈りましょうshine

|

« 今週の聖書朗読(四旬節第4主日の週) | トップページ | 新教皇フランシスコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541849/56953415

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇フランシスコ選出!:

« 今週の聖書朗読(四旬節第4主日の週) | トップページ | 新教皇フランシスコ »